ブログタイトル

お家の屋根・外壁の塗装工事 中塗りと上塗りは同じ色で塗装します。

プロタイムズ堺西店の吉野です。

今週は良い天気が続くようで、工事が予定通り進むと思われます。嬉しいですね。

さて、お家の塗装工事の重ね塗りについて、下塗り1回・上塗りを2回、という感じで3回塗り重ねを行うのですが、業者によって「上塗りの1回目の色と2回目の色は色を変えて塗装します」という会社もあります。「塗り重ねる時に同じ色だと塗装していない部分に気づかずに結果上塗りを1回で終える可能性がある為」という話です。

もっともな話に聞こえますが、一部の業者さんは倉庫に在庫している(余ってる)塗料を中塗りで使用するところがあります。在庫も減るし、仕入れ(経費)も減らすことができるので業者にとってすごく好都合ですね。しかし中塗りに古い塗料を使用することで耐久性に不安があります。

それと数年後に劣化が進みチョーキングが発生してくる頃に中塗りの色が薄っすら見え始めてきます、その時に違う色が出てくるとどうでしょうか?色ムラが発生し外壁や屋根にマダラ模様が現れます、この時には保証も何も無いと思います。

塗装作業中、同じ色でも乾燥してる部分と乾燥していない部分では色が違いますので見ればハッキリ分かります。↓

堺市 外壁塗装 塗り重ね

同色で塗り重ね作業中

なので私達は同じ色を塗り重ねます、同じ色を2回塗ることでムラ無く綺麗に仕上がり、適切な耐久性を維持できます。

上塗りの1回目と2回目で色を変える場合もありますが、これは大規模工事。例えばマンションやビルなどの大きな塗装工事で、職人の人数が多く入り乱れる場合です。このような場合はあえて色を少し変えることで監督(管理)作業をしやすくします。一般のお家では塗り重ねの色を変える必要性はほぼ無いと考えます。

これからお家の塗装工事をお考えの方は、いろいろ調べてみて下さい。大切な事は自分が納得することだと思います。

納得して頂けるような説明を心がけています。堺市でお家の塗装工事をお考えの方は、プロタイムズ堺西店までお気軽にお問合せ下さい。

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織